2017年

5月

15日

柿の花を見つけました

今朝、歩いていると足元にたくさんのオレンジ色の花が落ちていることに気づきました。

よく見ると毎年、たくさんの実をつけている柿木です。

生まれて初めて柿の花を見ました(笑)

いつも見慣れている柿ですが、花には気づいていませんでした~

写りがイマイチなのですが、実際には可愛らしい綺麗なオレンジ色をした花です。

 

果樹では、受粉しなかった花が次々と落ちるので、もしかしたらそれが落ちてきているのかもしれません。

 

柿に関しては知識がないのですが果樹という意味ではベリー系に詳しいので何となく成長の過程や熟すまでの間を色々想像してしまいます。

 

大学などで研究するような知識はないのですが、産業としての栽培知識や経験は、けっこう蓄積しています。なので、コーヒー豆の生産についても現地には行けませんが、現場の状況が見えるような気がしています。

今の仕事を始める数年前までは、JICAからの依頼で、グアテマラやコスタリカの、日本で言えば農水省の若手職員さんの指導をさせて頂いていましたので、そういった機会に現地の生産現場の状況も聞いています。

 

今は焙煎士をしていますが、本当はコーヒー豆の樹を育てたいという気持ちが強いくらいです(笑)

 

 

今年も良い花を咲かせて、美味しい実が育つことを願っています♪

 

 

焙煎士マロン

 

 

0 コメント

2017年

3月

27日

力持ちの中の力持ち

 そろそろ春だというのにマダマダ寒い日が続いていますね。しかも今年は花粉の量が多く体調不良です。

 そんな中、ものすごい力持ちに出会い驚くような出来事がありました。

 

 普段から焙煎用の生豆は、お店の入り口から搬入してもらっています。生豆袋の重量は、だいたい60kg~70kgなので、配送の方たちは、専用の荷台でお店の入り口まで運んできてそこから力いっぱい引きずりこんできます。

今回は、いつもと違う配送のオジサンが伝票を持ってきて一言

 

「一人じゃ無理そうな荷物です」

 

っと言いました。

しかし前に手伝って腰を痛めた経験があるので聞こえないふり(笑)

そしたら数分後、なんと左の写真の70kg袋を胸の位置まで抱えたオジサンが突進してきました!オジサンと言ってもたぶん私と同年代。

慌ててドアを開けましたが、運び終えたオジサンは、声も出さず平然と立ち去っていきました。

 腰を痛めてないかな~って気になりましたが、まったく平気で何もなかったような雰囲気で帰っていかれましたよ~凄い! 今まで来た若い人より力持ち。

普段から重い物を持たず、運動もせず、ぶくぶく太ってる自分とは正反対な同年代を見て少し反省しました~。

 

明日から運動しよう!

 

 

焙煎士マロン

 

 

 

0 コメント

2017年

3月

06日

コーヒーメーカーでいれる

 なんとなく春を感じるようになってきましたが、花粉も飛び始めましたね~

 

 今までほとんど経験がないのですが、最近コーヒーメーカーでコーヒーをいれてみています。

きっかけは先月の「ガイアの夜明け」で無印良品の新型コーヒーメーカーが紹介されたことです。

豆ひきから抽出まで、プロのハンドドリップを意識した優れ物です。

当然ですが、その後お客様から出る話題もこの話題が多く、けっこう盛り上がっています(笑)

即日完売状態でしたが、すぐに予約注文されたお客さまも居ますので、注目度はかなり高いですね!

 そこで私も試してみたいと思ったのですが、まずは一般的な器具が、どんな感じなのか試してみないと前に進まないので、お店に保管してあった機器を出して毎日飲んでいます。

 

第一印象は・・・「薄い」

蒸らし機能がないので、ハンドドリップ感覚で豆を計量してはいけないようです。

今のところ2杯分で20g使用しています。

ハンドドリップの時は、17g前後なのですが。

 

それから日々感じているのは、ハンドドリップより少し手間がかかって面倒だということです。

スイッチをいれてから出来上がりまでは放置なので良いのですが、それ以外の部分は少し手数が多くてビックリしました。水を入れるのに蓋を外したり、ドリッパーを本体に滑らせて装着したり・・・

ハンドドリップではしない部分で時間と気分を使います(笑)

 

無印の製品に話は戻りますが、抽出温度が87℃の設定らしく、個人的には少し温度不足で酸味が先行するような気もしますが、好みの問題ですね(笑)

でも何と言っても、豆から出来上がりまで自動っていう所が魅力ですね~

 

もう少し今のコーヒーメーカーを使い続けてみます・・・

 

 

焙煎士マロン

 

 

 

 

0 コメント

2017年

2月

27日

神戸ワイナリーとナダシンの苺大福

 定休日に神戸ワイナリーに立ち寄りました!

平日で真冬ということで閑散としていましたが

園の周囲にあるぶどうの木が綺麗に選定され、春を迎える準備が整っているように見えました。

アルコールに弱くお酒は苦手なのですが、ワインは大好きなのでワイナリーや葡萄畑を訪れるのは大好きです♪

 

 コーヒーとワインの味わい方は、よく似た部分があります。酸味、苦味、コク、香り、ボディーなど大半のキーワードが同じで、それぞれを細かく評価することを重視している点です。

どちらも農産物で、産地、気候、風土、品種により風味が違い、それらによって毎年の出来が違うことなども共通です。

 

でも個人的には、細かく評価するより全体的なバランスを評価した上での個性を評価したいと思います。素晴らしくフルーティーな酸味があっても、ざっくり飲んで美味しくなければ満足できないですからね(笑)

 

 最近、ナダシンの「いちご大福」を頂いて食べました!

予約が必要な程の人気だそうですが、何とプレゼントしていただきました♪

仲良しで素敵なご夫妻、いつもありがとうございます!

そしてお味の方ですが、ざっくり食べて感動!

お餅、こしあん、苺、それぞれの分量が絶妙でした。

噛む度に苺の香りがして幸せな感じです。

詳しくないので自信がありませんが、これは一般的な「ぎゅうひ」とは違ってお餅ですよね??

もっちりしてコシが強い。

勝手な解釈ですが、苺の水分を意識して少し水分の少ないアンに仕上げてるように感じました。

たぶん気のせいです(笑)ナイフで切って食べた時の印象なので。

 

ついつい職業病が出てしまい、細かく分析してしまいました(笑)

勝手に美化していますが、作者の意図と合ってることを祈ります。

そして今度は自分で買いに行ってみます。

 

 

最近、自分では買わず頂きものばかり楽しませてもらっています。

本当に感謝です、ありがとうございます。

でもドンドン太る~~

 

まだまだ食べ物の話題があるのですが、今回はこれくらいにしておきます・・・・

 

 

焙煎士マロン

 

 

0 コメント

2017年

2月

09日

絶不調な近況報告

 久しぶりのブログ更新です。

 1月は風邪で体調を崩し、やっと元気になったかと思うと足のケガを繰り返してしまい、臨時休業や早めの閉店を繰り返しています。

1月末に左足を痛めていたのですが、治りかけていた先週の日曜日!閉店してお店を出た瞬間に、通りを歩いてる人と接触しそうになり、とっさに立ち止まったのですがその瞬間、治りかけていた左足に激痛です!

月曜日は臨時休業してお医者さんに行ったのですが、肉離れで全治3週間から4週間(泣)

 

今年に入って何度も臨時休業を繰り返し最悪です。

ご来店のお客様にもご迷惑をかけ、大変申し訳ありません。

しかし、思ったより早く痛みが消えてきているので、何とか店頭では動けています。

 

お店に来る時と帰る時は、ものすごくゆっくり歩いています。

特に上り坂で痛みが出るので・・・・神戸の坂は厳しいです。

見かけたら是非声をかけてくださいね(笑)

 

といった事情で、今月上旬発売予定でした「パナマ・ゲイシャ」の発売が遅くなっているのですが、そろそろ準備しようと思っています。

 

 

焙煎士マロン

 

 

0 コメント